なぜ開店祝いに花輪を贈るか知っていますか
HOME > 花輪を贈る意味

お知り合いの開店祝いに何を贈ればいいのか?

花環[花輪]の周りに付いている葉っぱのような物を”矢羽”といい、矢で的を射るイメージで作られており、的に的中させる、すなわち大当たり成功する、縁起が良い物とされ、開店時にその意を込めて贈ったのではないかとされているそうです。
※諸説ありますので一概にこれが正しいとは言えませんが、こういう説もあったのではないかとされているものです。
初めての方へ

全国対応に関しての注意事項

(関西方面・北海道・長野・静岡の一部等)
花環をお届けできない地域があります。

花環は弊社より送るのではなく、現地同業者に委託して設置・回収を致しますので、現地業者がいない地域はお届けできません。

こんな経験はないですか

こんな経験はないですか?
いつもの見慣れた街並みにひときわ目立つ花輪がド~ンと・・・歩きなれた風景に違和感を与えるインパクト。
気付かない人がいないくらいの存在感、目に入った花輪を見て、あなたはきっとこう思うでしょう。

「あ! 新しいお店ができたんだ」

花輪の特技は目立つ事

花輪の特技は目立つ事、通行人の記憶に残り、通る度に気にさせる、それが花輪の役割です。
あんなに大きな花輪ですが、いったいいくらぐらいか知っていますか?

なんとたった¥10,000円( 税抜) ~ 贈れちゃうんです。
新規開店やリニューアルオープンの告知をするのに折り込みチラシやDMを贈る事を考えれば、意外と安いと思いませんか?

喜ばれる贈り物はお客さんを呼び込む道具

大切な友人やお知り合いがお店を出す、取引先がリニューアルオープンする、さて開店祝いに何を贈ろう?開店祝いで1番喜ばれるもの、それはあなたが行ってあげることです。
顔を出して「おめでとう!」と言ってあげるひと言です。
それ以上に喜ばれるお祝いはありません。
もしそれ以外にお祝いの品を贈るなら、綺麗な花束も喜ばれます、手間のあまりかからない観葉植物もいいかもしれません。
でももっと喜ばれる贈り物はお客さんを呼び込む道具です。
開店したてのオーナーはお店を軌道に乗せるのに必死です、そしてとても不安です。
そんな不安なオーナーに行列をプレゼント出来たなら、最高の贈り物だと思いませんか?
あなたなら開店祝いに何を贈りますか?